眞行寺和彦選手引退メッセージ

突然ですが、引退することに決めました。
高校を卒業してから8年間プロサッカー選手として生活してきました。
J2水戸ホーリーホックで5年、JFL TDKサッカー部で1年、ブラウブリッツ秋田で2年。
本当なら、もっともっと活躍して上のレベルでプレーしたかったのですが、現実はとても厳しく、思い描いたようにはいきませんでした。
これまで、砂町SCの卒業生として、皆様に何ができたのかわかりませんが、僕自身はずっと皆様に支えられてきたと感じています。
これから第2の人生が始まりますが、週末には砂町SCの子供たちに少しでも僕のサッカー人生の経験を伝えられたらと思っています。
今までの8年間、本当にありがとうございました。

平成24年2月12日
眞行寺 和彦